外面だけは良い旦那 しかしその実態は・・・

自分のことを気にもかけてくれない旦那にうんざり

現在40代の主婦です。
旦那は4つ年下。学生時代に出会いましたが、その当時はただの友人関係で、互いにお付き合いをしている人もいました。私は旦那の元彼女とのほうが仲が良かったぐらいで、全く恋愛対象にはなかったのです。


そして社会人となったときにフェードアウト。
しかしそれから7年後に偶然再会することがあり、懐かしさもあって再び連絡を取り合うようになってから距離が縮まるようになりました。その後付き合うことに。


彼からのアプローチでそうなったにも関わらず、彼には私に対するどうしても許せない不満がありました。それは私が「喫煙者」であることでした。
私からすればそれは友人関係のころからわかっていた周知の事実で、それがわかっていてアプローチしてきたのだろうとちょっと不服に思いましたが、私自身彼の人柄に惹かれていたこともあり、彼の要望を一旦は受け入れることにしました。


それから間もなく結婚。遠距離恋愛だったため、結婚を期に主人のいる土地へ移り住むことになりましたが、右も左もわからないところに加え、なかなか再就職先が見つからないなど、結婚当初から私はストレスがたまりに溜まってしまいました。そして再び喫煙を開始。


しかし悪い事はすぐにばれてしまし、夫婦最初の大喧嘩。もちろん私が悪いということは百も承知でした。その時彼が訴えたことは「70歳になっても80歳になっても、一緒に手をつないで歩いていきたい。どうしてその気持ちがわからないのか」というものでした。いかにも妻想いの良い旦那のセリフに私も大いに反省し、そろそろ子供を考えていたので、それからきっぱりと煙草はやめました。


しかし、その時のセリフがいかにうわべだけだったかということを今ははっきりとわかります。
なぜならば、主人はタバコの事以外で私の体を心配したことは1度もないからです。風邪をひこうが妊娠でつわりがひどかろうが、仕事と子育ての両立の疲れで体がへとへとだろうが、我関せず。


主人はきっと私が明日死ぬ病気だとしても絶対に気づかないと自信があります。


結局はタバコも自分が嫌いなだけ。それをあたかも「お前の体のために」みたいな置き換えをして良い旦那風を演じるのです。こういうことは他にもあり、例えば私たち二人以外の人間(友人、家族など)がいるときは家事も積極的にやります。結果誰しも「いい旦那さんよね」と言います。

 

しかし私と二人だけのときは一切しません。ゴミすらすてません。しかもそれを本人は全く意識していないということが、さらにやりきれません。


外面だけいい旦那・・・本当に腹が立ちます。